夢の3億円目指して、いっしょに株式投資していきましょう!
右下にある「カテゴリ」ごとに読んでくださいね。 ブログトップ
カテゴリ:おすすめ書籍( 4 )
「となりの億万長者」

←画像をクリックすると詳細が出ます。
ちょっと毛色を変えてみました。金持ち本です。1996年に全米ベストセラーとなり、金持ち本のブームのはしりとなりました。

ロバート・キヨサキのベストセラー「金持ち父さん 貧乏父さん」とは毛色が違います。どちらかというとデータ重視、知られていなかった金持ちの本当の姿が綿密なデータとともに明らかになります。

<おすすめなトコロ>
金持ちというと、事業に成功し、南の島で悠悠自適。葉巻にガウン、ワインをくゆらせゆったりと・・・
そんなイメージがあるのではないでしょうか。この本では、マスコミがクローズアップするいわゆる「金持ち像」とはまた違った、本当の「金持ち」の実態がわかります。そして、なぜ彼らが金持ちになったのか、その方法などもデータとともに明らかに・・

<もうひとがんばりなトコロ>
ちょっとリアルすぎて夢が無いかもしれません。「本当の金持ちってこんな感じなんだ」というのがわかってしまいます。

同じ著者の続編「なぜ、この人たちは金持ちになったのか」もお勧めできる逸品です。より詳細な統計データとともに、赤裸々に金持ちの実態に迫ります。
[PR]
by 3okuen | 2004-12-09 01:28 | おすすめ書籍
「バブル学」
←画像をクリックすると詳細がでます
ちょっと小難しい本ばかりを紹介したので息抜きです。
エンターテインメントです。
「バブルって何?」
「インターネットバブル、はじけちゃったなあ。あらかじめわかっていれば・・」

人類の歴史はバブルの歴史。
人々は常に熱狂し、珍しいものに飛びついては狂乱してきたのです。

何百年前のバブル騒ぎから、「バブル」の語源まで、さかのぼって読み進められます。読み終わるとつくづく思います。人間ってあまり進歩してないんだなぁ・・

<おすすめなトコロ>
まず、読み物として非常に面白いです。管理人は一気に読んでしまいました。
歴史好きな人にもおすすめできると思います。
チューリップ投機~インターネットバブルまで読み進めれば、これから来る次のバブルを避けられる?!かも!

ちなみに、「ばぶるまなぶ」ではありませんよ。「ばぶるがく」です。
[PR]
by 3okuen | 2004-10-12 23:24 | おすすめ書籍
「魔術師たちの心理学」
←画像をクリックすると詳細がでます
管理人のバイブルその2。名著だと思います。

株式投資をはじめて間もない人、体系的に学んだことの無い人は必読です!



<おすすめなトコロ>
新聞や雑誌、インターネットに紹介されているような、なんとなくよさそうだな、と思った株を適当に買っていませんか?
あなたが買ったその株で、どれくらいのリスクがあるのか?どれくらいの儲けを期待しているのか?そもそも、何株買えばいいんだ?
あなたの投資ルールはあなたが決めることですが、この本が助けになるでしょう。リスクを把握し、コントロールしましょう。

管理人は目からうろこがでました。この本を契機に、ちまたにあふれている「○○式10倍投資法」「この銘柄を買え!」的な本に左右されるのではなく、自分のポリシーで投資をできるようになったと思っています。

特に、期待値や資金配分、投資家の心理状態などのくだりは、言われてみればあたりまえなのですが、まったく気にしないで投資を行っている人がほとんどではないでしょうか。
実践すれば、安定したパフォーマンスを得られるようになるでしょう。

<もうひとがんばりなトコロ>
ちょっと読みづらいところはあります。何度も読まないと・・・管理人は5回くらい読んで、あとはたまに忘れたときに辞書的にひいています。
あと、載っている投資シュミレーションは現在は通用しない方法と思います。実際にシミュレーションしたところ、本書ほどの利益は出ないという結果になりました。
[PR]
by 3okuen | 2004-09-16 00:43 | おすすめ書籍
「ウォール街のランダムウォーカー」
←画像をクリックすると詳細がでます
「基本コラム」でも紹介した、管理人のバイブルその1。

究極の分散投資である、インデックスへの投資をお勧めした「効率的市場理論」を筆頭に、膨大なデータで投資全般をわかりやすく解説しています。


<おすすめなトコロ>
著者は大学教授ですが、専門知識がない一般の人でも理解できるような構成になっています。内容は緻密かつ論理的です。株式だけでなく、国債など他の投資対象との比較も面白いです。

数学好きの管理人は、リスクの考証や、アルファ/ベータ値のくだりは非常に楽しめました。若者からお年よりまで、読み物としてもお勧めできると思います。

<もうひとがんばりなトコロ>
少々強引な部分もあるかな、と思っています。みなさんも、感想を聞かせていただけるとうれしいです。あと、著者はちょっと性格が悪そうな・・・プルプル、気のせいかな。。
[PR]
by 3okuen | 2004-09-16 00:21 | おすすめ書籍