夢の3億円目指して、いっしょに株式投資していきましょう!
右下にある「カテゴリ」ごとに読んでくださいね。 ブログトップ
カテゴリ:基本コラム[最初に読んでね]( 3 )
投資のプロ VS 市場平均[3]
「日経平均をずっと買いつづけろだって? ずいぶん夢がないなあ」
おっしゃるとおりです。

しかしながら、市場は常に効率的で、スマートで、美しくて最強、
というわけでも無いようです。
だって、数%の人は勝ってるんだもん!

このページでは、市場の「非効率な部分」を探し出し、
日経平均以上のパフォーマンスをあげられる方法を
血眼になって探します!
それがどんなセコい方法でも、泥臭い方法でも!
見つかるまで探します!そして、徹底的に検証して、みなさまにお伝えします!

(といいながら筆者は資金の何割かを日経平均ETFにしてますが・・)
[PR]
by 3okuen | 2004-09-09 23:59 | 基本コラム[最初に読んでね]
投資のプロ VS 市場平均[2]
それは「市場平均」さんです。
日本で言うと日経平均とかTOPIX、
米国ではS&P500とかダウ、ナスダックのことですな。

何を言っているかよくわからないでしょうか?
実例を挙げてみましょう。

米国のカリスマ金融学者、マルキール教授の研究によると、
[S&P500 VS 投資信託]
10年間の比較をしてみると、S&P指数よりも良いパフォーマンスだった投資信託はわずか21%!
「それなら、その21%の投資信託を買えばいいじゃないか」
そんな声も聞こえてきそうですが、あなたは数千の投資信託の中から
21%の[今後10年間勝てる]投資信託を選び出せますか?
(さらに言えば、30年間比較するとS&Pを明らかに上回った投資信託はわずか3%!)

単純に言えば、市場平均連動型、いわゆる「インデックスファンド」
「ETF」を定期的に買い続けるのがもっとも効率的な投資である、と
マルキール教授は述べています。
「効率的市場理論」と言うそうですが、
ベストセラー
「ウォール街のランダムウォーカー」
を一読してみることをおすすめします。オモシロイですよ!
「市場全体」を買う究極の分散投資こそが最強であるッッ!意義ナシッ!
思考停止して日経平均を買いつづけるのだッ!
[PR]
by 3okuen | 2004-09-09 23:31 | 基本コラム[最初に読んでね]
投資のプロ VS 市場平均[1]
株式投資が一番うまいのはだれでしょうか?
言うまでもなくそれは、株式のプロ。株で飯を食っている人たちでしょう。

株式のプロである、証券会社の人達の中でも、
「投資信託」のマネージャー達は、いわば「プロの中のプロ」。
数十億円の資金を運用するファンドマネジャーもいます。

b0023926_230686.jpgファンドマネジャー達は、自分の運用するファンドの成績により、数億円の年棒をもらう人もおり、まさに花形職業となっていますが、ファンドの成績如何によってはあっというまに挿げ替えられる、実力主義の世界になっています。


そんなファンドマネジャーよりもさらに高いパフォーマンスを
あげている人がいると言ったら、信じられますか?
実に身近なところにいるんです!
[PR]
by 3okuen | 2004-09-09 23:03 | 基本コラム[最初に読んでね]